CES2020振り返り

CES2020振り返り

Event

2020年のCESも終わり、メディア各社がトレンドをまとめていますが、こちらのブログでも振り返ってみたいと思います。今年のCES2020主なテーマは以下のようでした。

    • AI
    • 5G and Mobile Connectivity
    • Non-Traditional Tech Companies at CES
    • Tech for Good
    • Eureka Park
    • Diversity and Inclusion
    • Travel and Tourism
    • Transportation and Vehicle Technology
    • C Space

ここ近年のCESトレンドをみていると、AIは当然のことながら、今年先進国で本格的な商用化が見込まれる5Gに加え、特に際立ったのは、SONYのVision-S、Mercedes-Benz’sのVison AVTRコンセプトカーやHyundaiのeVTOL Air-taxi(S-A1 Air Taxi)などであり、今年は強く自動車メーカーや関連技術が中心の場であったと感じます。
Source:Sony

Source:Mercedes-Benz’s

Source:AINonline

さらに、トヨタは静岡県裾野市に「Woven City」と呼ばれる実験都市を開発するプロジェクト「コネクティッド・シティ」を発表しました。同プロジェクトは、ロボット、コネクティッドビークル・パーソナルモビリティ・スマートホームといった先端技術を人々のリアルな生活環境の中に導入・検証出来る実験都市を新たに作り上げることを目的としています。このような動きをみていると、Transportation and Vehicle Technologyが主役となった年と言えるのではないでしょうか。来年以降もこのトレンドは続くと思われます。次回2021年のCESは1/6-9で開催されます。