今週の気になる日本のIT産業動向(12/9〜12/13)

今週の気になる日本のIT産業動向(12/9〜12/13)

12/14/2019
Business

今週も「これは!」と思う日本のIT産業関連のニュースをピックアップしたいと思います。

補正1兆円計上へ「デジタル・ニューディール」でAI・5G促進
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000612-san-pol
日本政府は9日、近く閣議決定する令和元年度補正予算案に、人工知能(AI)や次世代通信規格「5G」の導入を進め、経済成長を目指す「デジタル・ニューディール」の関連予算として9,550億円超を計上する方針を固めました。

【中国】「中国版ネトフリ」愛奇芸は“ハリウッドとシリコンバレーのいいとこ取り” 月間6億人超が集う動画サービスの正体
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000612-san-pol
愛奇芸はドラマやエンタメ、それに日本製も含めたアニメなど、数多くのジャンルをカバーする動画配信サービス。基本は無料で視聴でき、サイト側は広告で収益を得ています。面白いのは、外部からコンテンツを買い付ける場合、買ったはいいが再生数が伸びなければ損に終わるため、AIが事前に内容を分析し、大まかな再生数やそこから得られる広告収益を予測する。その結果をもとに、どのコンテンツを買うか決めるようです。

NTTとマイクロソフトが戦略的提携
https://japan.cnet.com/article/35146711/
NTTとマイクロソフトは12月10日、顧客のデジタルトランスフォーメンション(DX)を推進する、セキュアで信頼性の高いソリューションの提供を目的とした複数年にわたる戦略的提携に合意したと発表しました。

ソフトバンク、レジなし店舗向け技術のAccel Roboticsに出資
https://japan.cnet.com/article/35146579/
ソフトバンクグループは、レジなし店舗向け技術を手がける米国企業、Accel Roboticsに対する出資を実施しました。

経産省、宇宙ベンチャーと専門人材のマッチングサイト「S-Expert」を開設
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/12/news095.html
S-Expertは、宇宙関連企業の求人情報と、JAXAや大手企業で経験を積んだ人材の職務経歴などをそれぞれ掲載し、連絡手段を提供するプラットフォームです。職業紹介事業者が仲介してマッチングを促進します。

ミカンを腐りにくくする装置、和歌山の農家が開発
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/13/news053.html
ミカン出荷量日本一の和歌山県で、地元の財団法人と栽培農家が協力して2019年、ミカンの腐敗を抑える新装置を開発しました。紫外線を照射して抗菌物質を増やす仕組みで、すでに試作機では性能が証明されており、来秋には実用化し、全国のミカンの産地にも導入を促すそうです。

【米国】TwitterのドーシーCEO、ソーシャルメディア向け分散型オープンプロトコル開発を宣言
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/12/news064.html
米Twitterのジャック・ドーシーCEOは12月11日(現地時間)、ソーシャルメディア向けのオープンで分散型の標準を開発するために、独立組織「BlueSky」に出資しているとツイートしました。

ノキア、ローカル5Gをにらんだ戦略的パートナーシップを構築
https://japan.zdnet.com/article/35146793/
ノキアは12月11日、日本でローカル5G/プライベートLTEを日本の産業界や官公庁の顧客に提供すべく、戦略的パートナーシップのエコシステムを構築すると発表しました。まずパートナーとなったのは、日鉄ソリューションズ、丸紅、インターネットイニシアティブ、エクイニクス・ジャパン、日立国際電気の5社です。

M2M市場は7.5%増。通信キャリアとMVNOが堅調
https://japan.zdnet.com/article/35146748/
矢野経済研究所は12月9日、国内外のM2M(Machine to Machine)市場を調査し、市場規模、セグメント別の動向、参入企業動向、注目技術動向、将来展望を明らかにしました。2018年度の国内M2M市場は2010億円で、前年度比7.5%増でした。LTE(Long Term Evolution)対応の通信モジュールを中心として、主要3通信キャリアとMVNO(仮想移動体通信事業者)のサービスがともに堅調で、前年度が2桁成長だったことで反動減があったものの、依然としてマーケットは拡大基調にあるようです。

(Visited 5 times, 1 visits today)