今週の気になる日本のIT産業動向(10/28〜11/1)

今週の気になる日本のIT産業動向(10/28〜11/1)

11/02/2019
Business

今週の気になる日本のIT産業動向を振り返りたいと思います。

音声・映像をAIで「自動文字起こし」 手作業の時間を3分の1以下に
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/28/news101.html
パナソニック システムソリューションズ ジャパンは10月28日、AIとクラウドの技術を活用し、撮影・録音したデータを自動でテキスト化するサービス「P-VoT」(ピーボット)を11月13日にリリースすると発表した。放送・新聞・出版といったメディア企業のコンテンツ制作を効率化する狙い。

ドコモ、「FOMA」「iモード」を2026年3月に終了へ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/29/news106.html
NTTドコモは10月29日、3G通信サービス「FOMA」と3G携帯電話(フィーチャーフォン)向けインターネットサービス「iモード」を、2026年3月31日に終了すると発表した。

カシオが「ネイル事業」参入へ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/31/news124.html
カシオ計算機は10月31日、化粧品大手のコーセーと協力し、ネイルプリンタの共同開発に取り組むと発表した。事業から撤退したデジタルカメラやプリンタの技術を生かし、新しい市場の開拓を目指します。

「データを他社にも解放」 ヤフー、データ分析ノウハウを販売
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/31/news088.html
ヤフーは10月31日、同社のビッグデータを活用し、企業・自治体の商品開発や課題解決を後押しする「データソリューションサービス」の提供を始めた。消費者の興味関心などを、Webブラウザ上で調査・分析できるツール「DS.INSIGHT」と、個々の企業・自治体の要望に応じてコンサルティングなどを行う「DS.ANALYSIS」を提供します。

持ち運べるエアコン、ダイキンが開発
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/01/news139.html
空調機器大手のダイキンは11月1日、持ち運べるエアコン「Carrime」(キャリミー)のクラウドファンディングを「makuake」で開始した。エアコンの設置が難しいキッチンや洗面所、ガレージなどさまざまな場所で使えるヒートポンプ式のエアコン。

5Gは「過度な期待」のピーク、IoT・AIは「幻滅期」2019年の日本版「ハイプ・サイクル」公開
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/01/news087.html
ガートナージャパンは10月31日、「日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル:2019年」を発表した。5Gやエッジ・コンピューティングが「過度な期待」のピーク期にある一方、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ブロックチェーンは「幻滅期」に位置付けています。

(Visited 2 times, 1 visits today)