NY州、非常事態宣言を発動!

NY州、非常事態宣言を発動!

03/07/2020
USA

3月7日、ニューヨーク州のクオモ知事は、新型コロナウイルス感染に伴い、非常事態宣言を出しました。3月7日18時の時点で感染者は89人でした。このようなタイミングで、非常事態宣言を出す目的は、衛生用品や人員を確保する狙いがあるようです。3月2日にニューヨーク州内で新型コロナ感染者が初めて発表されて5日目、感染者数76人で緊急事態宣言を発動しました。5日で感染者が76人になり、このタイミングで緊急事態宣言を発動するべきであると判断したのは、どのような経緯があるのでしょうか。

3月5日に感染者数が22人となり、ニューヨーク市内から感染者3名が出たことで、州都オーバニーに緊急作戦センターを設置しています。つまり、ニューヨーク市内で感染者が出たということは、今後爆発的に感染者が出る可能性を予見しているのでしょうか。もちろん、中国、イタリア、スペインなど、海外の動向を注視しつつ、ニューヨーク市内で感染者が出た時点で、緊急事態宣言を発動しようと考えていたのかもしれません。

ニューヨーク州は、マサチューセッツ州にも近く今後の動向も気になるところです。感染者が急増することもありうるので、注視していく必要がありそうです。

(Visited 2 times, 1 visits today)