2020年注目のテクノロジー(米国)

2020年注目のテクノロジー(米国)

01/02/2020
Business

The New York TimesはThe Tech That Will Invade Our Lives in 2020を発表しました。2020年注目のテクノロジーの概要を取り上げたいと思います。

The Smarter Home: True Automation
The Slow, Steady Rise of 5G
The Wearables Market Heats Up
The Streaming Revolution

Source: The New York Times Jan. 1, 2020

The Smarter Home: True Automation

ここ数年、Amazon(Alexa)、Apple(Siri)、Google Assistantがスマートホーム向けに音声バーチャルアシスタントを提供していますが、セットアップが複雑で、主にキッチンタイマーや天気予報のチェック程度に留まっていたようです。そのため、昨年末、各社は相互接続の統一規格に向けて提携しました。調査会社のIDCによると、端末数で見た世界のスマートホーム機器市場の規模は今年、前年比23%増の8億1500万台に達し、これが2023年までに13億9000万台に増加する見通しです。この計画により、スマート冷蔵庫や音声操作式の電球など、幅広い製品の開発を促し、スマート機器の増加が後押しされそうです。

The Slow, Steady Rise of 5G

2019年から商用化された5Gはゆっくりとした立ち上がりを見せています。米国では、数都市のみで利用可能となっていますが、Verizonによると、今年は米国の50%を5Gでカバーする計画を立てています。AT&Tは、5G Plusで今年前半に30都市をカバーする計画を発表しています。

The Wearables Market Heats Up

Appleは2015年にヘルスモニタリングにフォーカスしたApple Watchを発売しました。2016年にはSiriでコントロール可能なAir Podsを発売しました。このようにAppleが先行するWearable市場に対して、Xiaomi、Samsung、Huawei、Googleが市場参入を目指しており、先日、GoogleはFitbitを$2.1Bで買収しました。

The Streaming Revolution

2019年、Netflixは米国で最も視聴されたビデオサービスで、人々は1日平均23分ストリーミング視聴しています。しかしながら、eMarketerによると、2020年はDisney+、HBO Max、Apple TV +などのサービスにより、Netflixのストリーミング時間は減少し、競争優位はなくなると考えられています。例えば、「Disney+」は、ディズニー作品やピクサー作品、「スター・ウォーズ」シリーズに、さらにほかの豊富な著名タイトルやキャラクターを加えた壮大なコンテンツ配信を計画しており、ユーザーは高い関心を持つと思われます。

(Visited 1 times, 1 visits today)