今週の気になる日本のIT産業動向(10/14〜10/18)

今週の気になる日本のIT産業動向(10/14〜10/18)

10/19/2019
Business

今週(10/14〜10/18)の日本のIT関連ニュースをまとめたいと思います。

「PayPayモール」オープン ZOZOなど「厳選600社」が出店、最大16%相当の還元
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/17/news110.html
ヤフーは10月16日、新しいECサイト「PayPayモール」をオープンした。家電、ファッション、食品、スポーツ用品などのカテゴリーをそろえており、同社の基準を満たした約600店舗が順次出店する。

「ロシア版Wikipedia」作成へ 露政府、情報統制懸念も
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/17/news080.html
ロシア政府が、インターネット百科事典サイト「ウィキペディア」に対抗する「ロシア版ウィキペディア」の作成に乗り出した。誰でも編集できるウィキペディアと異なり、専門家が記事を執筆することで精度の高い情報を利用者に提供することを狙いとしている。

デジタル課税の新ルール、日本企業も困惑 17日からのG20で議論へ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/17/news040.html
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が17、18日、米ワシントンで開かれる。経済協力開発機構(OECD)がまとめたデジタル課税の新ルールの枠組み案が、主要議題のひとつになる見込みである。

パナソニックが自動運転車の乗り合いサービス、本社内でスタート システム外販へ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/18/news094.html
パナソニックは17日、大阪府門真市の本社構内で、社員が利用する自動運転車の乗り合いサービスを始めたと発表した。約1万4千人が勤務する構内を周回させ、社員の移動負担を減らして生産性を上げる。サービスのノウハウを蓄積し、令和3年までに他の企業や大学、商業施設などへシステムの外販を目指すという。